1. トップページ
  2. 毛穴は一度大きくなると小さくならない

毛穴は一度大きくなると小さくならない

毛穴は一度大きくなってしまうと元に戻らなくなります。

ただ種類にもよります。

いわゆる毛穴汚れだけでなら、いくら毛穴が広がっても適切な保湿ケアを始めれば大きさは元に戻ります。

しかし、角栓が大きく詰まったりして赤く炎症を起こすと別です。ニキビも同じです。

炎症を起こすということは肌細胞が壊れたということなので、そこに元通りに肌細胞が再生されるかどうか分からないからです。

ちゃんと元通りに肌細胞が再生されれば毛穴は広がりません。でもそうならなかった場合は、何かしら外科手術等を行わない限り毛穴は広がったり陥没したままになります。

だからニキビ肌の人って消えないクレーター跡が残ってしまうんです。

鼻、特に小鼻は大きな角栓やニキビができやすい場所です。もともと毛穴が大きいだけに悪化したときも大きくなってしまい、それだけ肌細胞にダメージが残りやすくなります。

保湿ケアを続けることで広がった毛穴もごまかし続けることができます

このように肌細胞が傷んでしまった毛穴の開きは治りません。

でも保湿ケアを続けていくと、周辺の肌細胞がふっくらしてキメが整ってきます。すると陥没していたような毛穴も周辺がふっくらするのに影響され、以前よりかなり目立ちにくくなってきます。

こんな状態になる前に適切な保湿ケアをしておくべきなのですが、もし後悔することになっても多少はごまかすことは可能です。しかし保湿ケアを怠るとまた目立ってきてしまいます。大きくなった毛穴は汚れが溜まりやすいため、また次同じ所に角栓やニキビができると、今度もこそ遠目からも見て分かるほどの毛穴になるので注意しましょう。